人生塾    「人生と仕事の幅を広げる!」


柑芦会大阪支部において、会員及び現役和大生向けに人生塾(4コース)を開催しています。
「人生と仕事の幅を広げる!」をモットーにコースも多く設定し、年齢を問わず参加して頂き易くしております。
(各コース共通)
時 間: 18:30〜21:00(うち講義は1時間)
場 所: 柑芦会大阪支部会館 (TEL:06−6941−4986)地下鉄 谷町四丁目駅下車F号出口すぐ
     ロイヤルタワー大阪谷町207号(入口で207呼出と押して下さい)
会 費: 1,500円(飲み物、弁当代含む)
定 員: 先着 20名
申込方法:
参加希望塾コース名と開催日、氏 名 ( )回卒、連絡先電話番号(自宅・勤務先)、携帯電話、E-mailアドレスを記入の上
柑芦会大阪支部 E-mail osaka@kourokai.com  FAX: 06-6947-7925 までご連絡ください。

1、ビジネスマン人生塾(旧サラリーマン人生塾)
一般サラリーマンからマネージャー、経営者へとステップアップを目指す人を対象にそれぞれのプロセスでの成功体験を持った方を講師に迎え、成功へのターニングポイントなどを勉強する

2、起業家・専門家人生塾(旧経営者人生塾)
税理士・会計士、弁護士、行政書士、社会保険労務士、経営コンサルタント、フアイナンシャルプランナーや自ら事業を目指す人、そして、既に独立しているが、更に、情報・人脈をひろげたいと思っている方を対象に、資格取得までのハウツーや独立のためのアドバイス、事業の拡大のヒントなど成功者としての先輩からいろいろと学ぶことを目的とする

3、イキイキ人生塾
ビジネスの現役もOBもすべての人を対象とし、絵画、星座、バードウオッチング、ヨガ、能舞台、海外ロングステイのような趣味や健康、生きがいをテーマに、それぞれのジャンルで活躍している人を講師に迎え、その人たちからほとばしるエネルギーをもらうとともに自らの人生をイキイキと豊かにすることを目的とする

4、研究わくわく人生塾
和歌山大学の先生と柑芦会の相互理解を深め、学生も含めより協力的な関係を築き、成長することを目的とし、大学の先生を講師に迎え、和歌山の活性化、環境保護、福祉厚生、大学生のグローバルな活動・起業家活動など最新の実地研究をベースに学び、意見交換する場とする

2004年度の人生塾  2005年度の人生塾
2006年

ビジネスマン人生塾 起業家・専門家人生塾 イキイキ人生塾 研究わくわく人生塾
4月

4月10日(月)
「これからの株式市場-大相場は来るのか?-」
橘田喜和(大10)

4月5日(水)
最近の監査事例等
公認会計士 三宅潔(会員外)

休み

 休み

5月

休み

休み

5月23日(火)
アフィリエイトで稼ぐ
おじさんのパソコン活用術

塩谷昭(大26)

5月30日(火)
「変化する市場と消費者の購買意思決定」
佐々木壮太郎

(経済学部市場環境学科助教授)

6月

6月14日(水)
「ビジネスマンの目から見た私の異文化の体験〜ハンブルグ・香港・アラブ首長国連邦に駐在して〜」
岩井定敬(大7)

 6月5日(月)
「インターネットビジネスの法的論点」
弁護士 西念京祐(会員外)

休み

休み

7月

休み

休み

7月26日(水)
訪問介護事業の立ち上げ
佐部田貢一(大8)

7月7日(金)
「すぐに役立つ企業の財務内容判定法」
川端保至
(経済学部ビジネスマネジメント
学科教授)

8月

8月29日(火)
「銀行窓販で人気の個人年金商品/30代のファイナンシャルプラニング」
菓英一(大46)

8月7日(月)
「特許の基礎と活用方法」
弁理士 眞下 晋一(会員外)

休み

休み

9月

休み

休み 9月11日(月)
「健康の近道“ウォーキング”」

竹中慎和(大6)

9月26日(火)
「新興市場の国際通貨危機に関する研究動向」
北野重人
(経済学科助教授)

10月

10月24日(火)
「激動の七五三を生き抜いて」
打垣内尚雄(大1)

10月12日(木)
「サラ金の多重債務者問題」
和田努司法書士(会員外)
休み 休み
11月 休み 休み 11月8日(水)
「遺言と相続―こんな人は遺言を!」
山東啓作(大13)
(堺簡易裁判所民事調停委員)
11月21日(火)
「イギリスのインド植民地支配から見えるもの」
今田秀作(経済学科教授)
12月 12月6日(水)
「17年間のドイツ駐在と物つくり日本−それを支えた商社マン活動−」
竹腰隆重(大8)
12月12日(火)
「アスベスト被害救済と弁護士の役割」
芦田如子弁護士(会員外)
休み 休み
07年
1月
休み 休み

1月23日(火)
「トルコ・ギリシャに学ぶ古代史」

岩永征四郎(大14)

1月29日(月)
「日米比較の視点から見る、財政再建と政治過程の変容」
河音琢郎(和歌山大学経済学部助教授)
2月

2月14日(水)
「軽自動車販売から女性ビジネスへ」

(株)フレンド常務取締役

永淵正樹(会員外・若手
)

休み 休み
3月 休み 休み 3月14日(水)
「藪か名医か?ー我、難病をかく克服せりー」

小林俊夫(大8)

3月9日(金)
CSR発想からのビジネスのリデザインニング」

高岡伸行助教授


4月10日(月)
「これからの株式市場-大相場は来るのか?-」
講師:橘田喜和氏(10期)
今期第1回として、かねてから要望の多かった「株式」の話を取り上げました。 講師には1980年代の日本の株式市場のリーダーとして活躍されました元野村證券副社長、橘田喜和氏(第10期)にお願いしました。5年ぶりの金融緩和解除、日本経済と株式市場はどう動くのか? マクロ、ミクロの観点から講義いただくとともに、炉辺方式の中で、普段、聞けないような相場の裏話、本音の話などもご期待いただけるよう企画しました。
講師プロフィール:昭和37年和歌山大学経済学部卒。同年野村證券株式会社入社。 昭和60年 野村證券株式会社取締役。平成2年同社代表取締役副社長。平成7年野村フアイナンス株式会社代表取締役社長。平成9年日本相互証券株式会社代表取締役社長。現在同社特別顧問、 柑芦会副会長・東京支部長、和歌山大学経済学部後援会常務理事ほか
スポーツ:バレーボール部(中・高・大キャプテン)
趣味:仕事(だった)→現在は「園芸」
報告
 

6月14日(水)
「ビジネスマンの目から見た私の異文化の体験」
講師:岩井定敬(大7)
岩井氏は商社マンとして10年強海外駐在勤務に携わって来られました。その他長・短期の海外出張は約100カ国にも及んだというインタナショナルビジネスマンとして活躍されました。ビジネスを進めて行く上で、特に現地の異文化がどう関わりを持ってきたかについて興味あるお話をしていただきます。
講師プロフィール:昭和34年、和大経済学部卒後直ちに丸紅飯田(現丸紅梶j入社その後ハンブルグ,香港、中近東のアブダビ等通算10年強駐在。現在チア−ズ・インタナショナル(代表)を主宰し、現在も世界各国とのつながり深く、各国の料理にも精通。
報告
 


8月29日(火)
「銀行窓販で人気の個人年金商品/30代のファイナンシャルプラニング」
講師:菓英一(大46)
菓さんは銀行勤務を経て、現在アリコジャパンにて活躍中の現役、業務体験などを背景に最近の業界動向の最新情報も交えながら話していただきます。
 高齢者向け資金運用の話と若年層向けファイナンシャルプラニング−将来設計−をテ−マにした非常に役に立つ興味深いお話です。またとないこのチャンスをお見逃しなく是非のご参加をお待ち申し上げます。
講師プロフィール:昭和50年5月7日生まれ。平成10年3月和歌山大学経済学部卒業(ラグビー部) 同年4月近畿銀行入行。平成15年7月同行退社。同年8月アメリカン ライフ インシュアランス カンパニ−(ア リコジャパン)入社
(現在柑芦会大阪支部「ビジネスマン人生塾」実行委員)
報告
 


10月24日(火)
「激動の七五三を生き抜いて」
講師:打垣内(うちがいと)尚雄(大1)
打垣内氏のビジネスマン人生の歩みは、戦後の日本経済激動の歴史そのものであります
様々なご体験を通じて得たご自身の思いや人生観を熱く語って下さるこの様な機会を、私達は見逃すことは出来ません。氏の語り口に思わず引き込まれて、ことに若い人達には、学ぶこと、得ることの多いご講話になると存じます。テ−マ「激動の七五三を生き抜いて」にはその意味合いが込められています。「七五三」という言葉については、氏がお話の中でご披露いただくお楽しみの一つでもあるとご理解下さい。あしからず。皆様是非のお越しをお待ちしております。
講師プロフィール:昭和6年2月16日生まれ、海南市出身。昭和28年3月和歌山大学経済学部卒業後、阪和興業鞄社、同社常務を経て、昭和62年同社退職後、東洋シャッタ−鞄社(専務)、平成12年に同社退社。同年よりモリ工業滑ト査役、関包スチ−ル褐レ問兼務、現在に至る。
趣味:ゴルフほか(在学中陸上競技部所属され、仕事で走り回るのが趣味?)
報告
 


12月6日(水)
「17年間のドイツ駐在と物つくり日本 −それを支えた商社マン活動−」
講師:竹腰隆重(大8)
竹腰氏は通算17年の長きに亘りドイツ・ハンブルグに駐在勤務され、ビジネスマンとして大活躍されました。船舶を中軸に商社としての商売をどうクリエイトしてきたか、体験エピソ−ドや、その背景にあった我が国の技術水準が如何に優れていたか、さらには1989年ベルリンの壁崩壊の歴史的場面に立ち会ったことなどをお話いただきます。
講師プロフィール:昭和12年2月27生まれ。大阪市出身。小野ゼミ、ESS、卓球部所属。昭和35年3月和歌山大経済学部卒後、商社日商鰍ノ入社、船舶部に配属されてこの道一筋、1964年から3年、1972年から7年ハンブルグ駐在、1984年からさらに7年、その間1987年に日商ドイツ法人社長となり、帰国と同時に日商岩井機器販売且ミ長就任、1997年同社退社。現在に至る。
現在柑芦会大阪支部ゴルフ実行委員会委員。趣味は、ゴルフ、旅行、園芸(ガ−デニング)など。


4月5日(水)
最近の監査事例等
講師:三宅潔(公認会計士・会員外)
昨年来、粉飾決算事件(カネボウ、ライブドア)が続いており、監査について 様々な論議が生じています。 そこで、そもそも監査とは何か?その背景と現状をお話しいただきその上で、最近の監査における問題や、今後導入される内部統制構築に対する 監査についてご説明いただけることになっております。
講師プロフィール:
昭和45年生まれ。平成6年関西学院大学商学部卒。平成6年公認会計士2次試験合格、朝日監査法人(現あずさ監査法人)入所 。平成10年公認会計士3次試験合格公認会計士登録。現在 あずさ監査法人大阪事務所マネジャー
報告
 

6月5日(月)
「インターネットビジネスの法的問題点」
講師:西念京祐(弁護士・会員外)
最近はやりのインターネットビジネスをするための下記のような注意点等についてお話しいただきます。
1.オンラインショップ開店にさいしての法的注意点
2.オンラインショップ運営と著作権の問題について
講師プロフィール:1975年石川県金沢市生まれ。2001年京都大学法学部卒業。同年司法試験合格(56期) 2003年大阪弁護士会登録。法円坂法律事務所入所
報告
 


8月7日(月)
「特許の基礎と活用方法」
講師:眞下(ましも)晋一 (弁理士・会員外)
今のITの進歩の背景には、数々の特許が存在し、その特許を巡る訴訟は数百億円規模のものまであり、企業にとって特許はなくてはならないものです。 機械、制御、ITなどの技術分野における国内・外国特許に関連する業務がご専門の眞下さんにお話を伺います。
講師プロフィール:1993年 京都大学工学部機械工学科卒業。1993年〜1997年 自動車部品メーカーにて勤務(開発)。1998年 三枝国際特許事務所 入所。 1999年 弁理士登録
報告
 


10月12日(木)
「多重債務問題とその対処法」
講師:和田努(司法書士・行政書士 会員外)
外部講師である和田努さんに最近新聞等でも話題の多重債務者問題を中心に次のようなお話をしていただきます。
利息制限法と出資法のグレーゾーンの話。任意整理(過払い訴訟含む)、特定調停、個人再生、破産の紹介。カードローンの話。ヤミ金や過剰融資(呉服販売)、保証料ヤミ金等の最近の事例。訴訟における、プロミス等の最近の対応。金利引き下げ運動の現状況。
和田さんの専門分野は債務整理及び裁判業務で ボランティアでも活動もされています。
講師プロフィール:1994年 大阪電気通信大学短期大学部卒業。 1994年〜1998年 エスタシオン・デ・神戸にて勤務。 ウェディングプランナー及び婚礼営業に従事。 2002年 高山司法書士事務所入所。 2004年 司法書士登録  行政書士登録 。2005年 アクアス総合事務所開設
報告
 


12月12日(火)
「アスベスト被害救済と弁護士の役割」
講師:芦田如子(弁護士・会員外)
弁護士登録をして1年経ち、事務所で扱う一般民事事件のほか、弁護士会の委員会活動や研究会、国選弁護などの刑事弁護活動、アスベスト弁護団活動などで忙しく飛び回っています。今回は、現在特に力をいれてとりくんでおり、社会的にもとりあげられているアスベスト問題について新人弁護士の私が感じたことを中心に、その他、いろいろお話しできればと思います。
講師プロフィール:京都府福知山市出身。平成11年神戸大学卒業。平成15年司法試験合格。平成17年10月司法研修所修了。平成17年10月大阪弁護士会登録。現在、上原武彦法律事務所に勤務。


5月23日(火)
「アフイリエイトで稼ぐおじさんのパソコン活用術」 −趣味に仕事に無料ソフトを賢く利用しようー
講師:塩谷昭(大26)
内容 (1)謎のアフイリエイターの一日、(2)無料ソフト活用(定番ソフト、オフイス、画像処理、メール関連、ウイルスチェック、PDF作成)、(3)無料サービス(ブログ、動画、カラオケ、年賀状イラスト、CGIなど)
講師プロフィール:転職、倒産、リストラ、失業などを経験し、平成11年、ネットにて格安国際電話の代理店を始める。その後、同じくネット上でのアフイリエイト(提携)を本格起動し、平成15年にアイビーエスジャパン(本社アメリカ)を設立、現在に至る。
大阪出身、ゼミは産業工学科飯尾ゼミ、クラブは社会科学研究会(何をやったの?)
趣味はパソコン、カラオケ(仲間内ではプロ級との噂)
報告
 

7月26日(水)
「介護事業の立ち上げと介護保険制度について」
講師:佐部田貢一(大8)
平均寿命が延び、長寿社会となっている今、高齢になっても皆が元気で幸せに暮らせるための介護保険制度が創設されました。安心、安楽を目標に自立した生活を送れるよう、多種多様な介護サービスがありますが、その一つの「訪問介護」の仕事を通して介護の話をしていただきます。
講師プロフィール:昭和12年福井県生まれ。昭和35年和歌山大学経済学部卒業。同年阪和興業入社、平成12年に退職。平成15年8月(有)ヘルパーステイション愛を設立、翌年1月から訪問介護事業を開始するとともに、自治会長、地元小学校区福祉委員長、子供見守り運動など地域活動にも精力的に活躍中。
吉田ゼミ、クラブは軟式野球ほか、
趣味:詩吟、新舞踊、絵画、マージャンなど多才
報告
 


9月11日(月)
「健康への近道ーウオーキングー」
講師:竹中慎和(大6)
竹中さんは現在、「大阪歩け歩け連合」の会長をされております。一言で歩くと言ってもビギナー
からレベルの高いウオーキングまで種々あります。今回は一般の人達を対象にウオーキングの
楽しみ、魅力、健康への効用、注意点などを多くの実体験を通して、お話いただきます。
講師プロフィール:大阪出身。1958年和歌山大学経済学部卒、朝日広告社入社。松村ゼミ(国際金融論)、硬式テニス部、サッカー部
現在、大阪歩け歩け連合会長、日本ウオーキング協会主席指導員ほか
趣味、ウオーキング、謡曲、テニス、ゴルフ、菊つくり
報告
 


11月8日(水)
「遺言と相続―こんな人は遺言を!」
講師:山東啓作(大13)
こんな人は遺言を!」・・・こんな人とはどんな人?それは当日のお楽しみだそうですが、事務局で考えたのは例えば、 「複数の子供たちのうちの一人に商売を引き継ぎたい」「神社・仏閣、老人ホームなどに是非、寄付をしたい」「相続人がいない」「家庭環境が複雑」「資産が沢山あるので節税も考えて」「身障者に厚く」などなど。身近な問題をテーマに話を進めてもらう予定です。
講師プロフィール:和歌山県出身。昭和40年和歌山大学経済学部卒業後、東洋信託銀行(現在の三菱UFJ信託銀行)に入行、堺支店長などを歴任。現在は堺簡易裁判所民事調停委員、同司法委員。
ゼミ: 松村ゼミ、 クラブ: 軟式テニス、 
趣味: ゴルフ、旅行(神社・仏閣めぐりなど)
報告


5月30日(火)
「変化する市場と消費者の購買意思決定」
講師:佐々木壮太郎(和歌山大学経済学部助教授)
現代の日本市場はすっかり成熟し、「ニーズの多様化」や「ライフサイクルの短期化」といった言葉が頻繁に使われるようになりました。市場の変化に振り回されるのは、なにも商品を供給する企業だけでなく、ひとりひとりの消費者の立場からいっても、戸惑うことが多くなったと思います。市場が変化していく様子を意思決定の理論からとらえ、市場での消費者と企業のかかわりあいについて考えていきます。
講師プロフィール:昭和42年10月16日仙台市 生まれ。横浜国立大学経営学部経営学科卒業。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程中退
趣味:音楽鑑賞、美術鑑賞、スポーツ観戦
スポーツ:サイクリング
報告
 

7月7日(金)
「すぐに役立つ企業の財務内容判定法」
講師:川端保至(和歌山大学経済学部教授)
貸借対照表や損益計算書、あるいはC/F計算書から、企業の財務内容をどのように判定するのかについて、現在開発中のPCプログラムの紹介も含めて話をしていただきます。財務諸表の見方や読み方を中心にキャッシュ・フロー会計は何を目ざしているのかなどについてのポイントをお話していただけます。
講師プロフィール:昭和23年神戸市生まれ。関西学院大学商学部卒業。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了・博士(経営学)(神戸大学)(論文)
2002年度日本会計史学会賞(『19世紀ドイツ株式会社会計の研究』)
趣味:Classic音楽鑑賞、オペラ鑑賞、絵画鑑賞、落語鑑賞他
スポーツ:ウォーキング
報告
 


9月26日(火)
「新興市場の国際通貨危機に関する研究動向」
講師:北野重人(和歌山大学経済学部助教授)
80年代後半から90年代前半にかけて、先進国からラテンアメリカやアジアの新興市場への急激な資本流入が生じました。この資本流入は、新興市場(特にアジア)の急激な成長と相俟って、当時たいへん注目されました。しかし、その後、状況は一転し、新興市場では東アジア通貨危機・アルゼンチン危機といった国際通貨危機に見舞われました。
こういった新興市場の国際通貨危機は、研究者の間で盛んに研究されており、この講義では、そういった研究動向についてのポイントをお話していただけます。
講師プロフィール:昭和46年奈良県生まれ。 名古屋大学大学院経済学研究科修了。経済学博士(名古屋大学)
報告
 


11月21日(火)
「イギリスのインド植民地支配から見えるもの」
講師:今田秀作(和歌山大学経済学部教授)
200年近くに及んだイギリスによるインド植民地支配は、先進国と後進地域との緊密な接触事例として、歴史上に古典的な位置を占める。イギリスはこれをインドに「進歩」や「開発」をもたらしたとして弁護し、他方インドは「停滞」や「収奪」を強いたものとして強く批判してきた。しかし両国のナショナリズムから自由に現代の日本人の目でインド植民地支配を眺めるならば、そうした二分法とは異なった実態が見えてくる。現在、アメリカの反テロ世界民主化政策(「帝国」的行動原理)に関わる評価、あるいは我が国に おける靖国問題など、かつての植民地支配の実態に、今一度立ち返って論ずべき問題が叢生している。「開発」と「収奪」との関連性を軸にインド植民地支配の一側面を明らかにしてくれる。
講師プロフィール:昭和31年広島県生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程単位取得
経済学博士(京都大学)
報告
 


1月29日(月)
「日米比較の視点から見る、財政再建と政治過程の変容」
講師:河音琢郎(和歌山大学経済学部助教授)
財政再建は、日米を問わず、先進諸国の共通する課題となっているものの、実際の政策の現場では、「総論賛成・各論反対」となって、なかなか合意が得られにくく、困難な政策課題です。それゆえ、財政再建は、その政策を担う政治過程の改革とセットにして考察することが必要です。近年の日本とアメリカとの、財政再建と政治改革との関係について、考えてみたいと思います。
講師プロフィール:昭和41年京都市生まれ。立命館大学経済学部経済学科卒。京都大学大学院・経済学博士(京都大学)。

塾名 塾長 塾長補佐 担当委員
イキイキ人生塾 石田(5) 吉川(14) 角前(12) 大井(院32)
ビジネスマン人生塾 今井(8) 横野(32) 金子(14) 菓(46)
起業家専門家人生塾 小柴(39) 塩谷(26) 木村(40) 林(42)
研究わくわく人生塾 渡辺(33) 金子(14) 浦(17) 塩谷(26)
注1、 中井実行委員長、野崎副実行委員長は変わらず

柑芦会大阪支部