台湾通信6

6 台湾と日本、文化の違い

 台湾で食事をすると日本との違いが多くあり、戸惑うことしばしばです。幾つかご紹介します。
1グループで食事の際支払は日本は割り勘が主流だが、台湾は1人が払う。支払する人は誘った人、長老の人、お金持ちなど

 ケースバイケースだが、今日の食事会は誰が払うか暗黙の裡に全員が承知している。しかし食事後誰も礼は言わない。

 日本人がその場で集金して払うと奇異の目で見られる。
2日本では食事にビールは付き物だが、台湾ではビールが出ないことの方が多い。高級なレストランでは置いているが、

 食堂レベルでは置いていない方が多い。日本人はコンビニで買って持ち込む人が結構いる。殆どの店が持ち込みOKだが

 最近新しい店では持ち込み禁止の店が増えている。
3日本では食べ残しのない程度の量を注文するが、台湾では食べきれないほど大量に注文する。日本では食べ残しは失礼、

 台湾では残らないのは失礼と思っているらしい。これに伴い日本は持ち帰り禁止、台湾では持ち帰りが常態。正に日台の文化の違い。  
4日本では食事の開始は乾杯の後とか幹事の合図で食べ始めるが、台湾では食事が出たところから勝手に食べ始める。

 食事代を払うスポンサーそっちのけで勝手バラバラに食べ始める。
5逆にチャンとしたパーティでは食事中にビールを飲む場合は同席者にも促して一緒に飲むのが礼儀。日本人は勝手に飲むがどうやら

 マナー違反らしい。でもそれを咎められることはないが、どうも日本人は慣れてないので実にぎこちないし落ち着かない。

台湾通信5

高雄でのステイを終え新竹に移動しました。新竹では3週間滞在の予定です。早速昨日から新竹銀髪族協会の1泊2日の旅に参加させてもらい先ほどコンドに帰着しました。この様子は後日ご報告します。
高雄滞在の最終日にペタンクで地元チームと交流しました。日本には馴染み薄い競技ですが、台湾では専用コートが主要都市にあり中々盛んなようです。その交流の様子をご報告します。少年探偵団   神原克收

5 ペタンク交流
 高雄滞在の最終日に高雄の軍勝ペタンククラブとロングステイクラブが親睦交流試合をした。相手
は数々の賞を受章している強豪チーム、片や我々はペタンク初体験のド素人集団。始めから勝負は度
外視の交流会。開会式で日台代表の挨拶、3人一組の日台混合チームを12チーム編成しペタンクの
投げ方やルール説明を受けたのち各チーム4回戦って順位を付け表彰した。
 その後昼食を摂り、ペタンクを使った的当てゲームが行われ我々夫婦は共にビギナーズラックで賞
金をゲット。お土産交換、日本側から手品披露、最後は日本の歌を皆で歌い、来年の再会を約して解
散、実に楽しい6時間の交流であった。
 立派なペタンク専用コートがあり、我々の交流会以外にも市民の皆さんが練習に興じていてペタン
クの広がりを感じた。
 参加費は無料で施設利用料、賞品代等はペタンククラブが負担し、昼食やお土産、余興として招聘
した書道家の先生やミュージシャンの費用等はクラブ会長の寄付で賄ったとのこと。こうした台湾の
寄付やおもてなし文化は日本と大きく異なり興味深い。この点は後日もう少し詳しくご報告したい。

台湾通信4

4台湾での楽しい体験2題
1高雄銀髪族協会のお世話で「郵政博物館高雄館」の見学に行った。見学後台湾式のお茶席に招待し
 て頂いた。驚くことに沢山の報道記者が来ていて我々の見学やお茶会風景を盛んに取材していた。
 翌日のTVや新聞で沢山報道された。驚くことに業界紙・雑誌を含めて19紙が報道してくれた。
 聞いてみると「責任者が最近着任し、行動実績をアピールするため日本ロングステイクラブの見学
 を利用したのであろう」とのこと。一例として自由時報の記事をご覧下さい。
 https://news.ltn.com.tw/news/Kaohsiung/breakingnews/4213596
 数年前にも新竹で郵便局見学に行った際、職員総出で2列に並んで我々一行を迎えてくれたことが
 あり、見学後お土産を頂き歓待されたことを思い出した。
2昨日高雄近郊の不老温泉への日帰り旅行に招待された。招待主は高雄銀髪族協会で協会行事に我々
 を招いてくれた。「何故無料なのか?」と訊くと次のような答えであった。
 近年台湾政府は温泉地振興策を進めていてそのための補助金が出ている。その補助金を使って銀髪
 族協会を招待し、銀髪族協会が我々をその仲間に入れてくれた。バス代、昼食代、温泉入浴他お菓
 子作り体験にお土産まで沢山いただき、協会メンバーとの交流も盛り上がり、楽しい楽しい一日で
 あった。
 

柑芦会大阪支部メールニュース 2023年3月号

柑芦会大阪支部メールニュース 2023年3月1日 発行

○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○

目次

  1. 第33回『柑芦経済講演会』が開催されました
  2. 2022年度 決算幹事会開催のお知らせ
  3. お知らせ
  4. 情報募集中

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. 第33回『柑芦経済講演会』開催されました

2月5日(日)に25期生の垣見祐二様を講師にお迎えし3年ぶりに経済講演会を
開催しました。
垣見様は大学卒業後中部電力に入社、JERA社長の経験等から「エネルギー
安全保障と企業経営」についてお話いただきました。
ご参加いただいた50名の皆様からも多くの反響をいただき質疑も活発に
行われ大盛況に終えることができました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. 決算幹事会開催日程決定のおしらせ

日時:4月27日(木)18時30分から19時30分頃まで予定
開催方法・場所:Zoom参加または谷町四丁目の事務所来所(人数制限あり)を
お選びください
対象者:大阪支部幹事
決議事項等の詳細は後日、幹事の皆様にメールにてご連絡致します。
御多忙のところ誠に恐縮ですがご参加いただけますようお願い申し上げます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. お知らせ

〇松下会館見学会のご案内

松井会館がリニューアルされ生涯学習及び社会人の学び直し活動などの場
として再運用の運びとなりました。下記期間に見学会が開催されます。
日時:3月10日(金)、11日(土)午後1時から3時まで
場所:和歌山大学松下会館(和歌山市西高松1-7-20)
見学方法:自由観覧
http://kourokai.com/osaka/2023/02/07/honbu-2/

わかやま新報の記事(2023年2月8日)
https://www.wakayamashimpo.co.jp/2023/02/20230208_114723.html

〇大阪支部の情報を随時ブログでアップしています。→ 
http://kourokai.com/osaka/

〇柑芦会結婚相談室が2022年12月末をもって解散されることになりました。
長きにわたり御尽力くださり心より感謝申し上げます。
大阪支部へご寄付を賜りましたので報告いたします。

大学から

〇KOKO塾 2022年度ジョイントフォーラム
日時:3月4日(土)13:00〜16:30(受付12:40〜)
場所:粉河高校視聴覚室ほか(オンライン参加もできます)
https://www.wakayama-u.ac.jp/kii-plus/news/2023011100024/

〇紀氏の刀剣−新発見!!紀伊の銀象嵌大刀−
日時:3月11日(土)13:00〜16:30
会場:和歌山南コミュニティセンター活動室中1
参加無料、先着順、参加方法などは下記で
https://www.wakayama-u.ac.jp/kisyuken/news/2023021500098/

〇第5回フェローズフィルムフェスティバル学生部門で観客賞を受賞
「新クリエ映像制作プロジェクト!- Filmage -」が制作した
映画 『お天気を決める部活 天文気象部』 が観客賞を受賞
BSフジ「FFF-S2022 セレクション」 にて、3月2日(木)25:00〜
全国放送の予定です。
https://www.wakayama-u.ac.jp/crea/news/2023020100015/

〇2月22日「陸上競技場」リニューアルセレモニーを開催
https://www.wakayama-u.ac.jp/news/2023022400014/

〇ほんわかプロジェクト
和歌山大学生中心の団体 体験型観光を教育的視点からPR・推進
https://honwaka-project.com/

〇LetterMe 
観光学部卒業生が行っているそうです
https://lp.letterme.tokyo/

〇わだい浪切サロン
「今振り返る災害の記憶〜室戸台風が岸和田に残した爪痕とは?」
日時:3月15日(水)19:00〜20:30
南海浪切ホール、オンライン(Zoomウェビナー)
話題提供者:橋本唯子先生(和歌山大学クロスカル教育機構教養・
協働教育部門 准教授)
詳細は下記にて
https://www.wakayama-u.ac.jp/kii-plus/news/2023011700026/

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. 情報募集中

〇同好会、同期会、ゼミ、クラブをメールニュースで紹介、宣伝しませんか?
原稿は sanoyoko535@nifty.com 佐野まで。

○本部・大阪支部以外の情報はこちらでチェックください。
フェイスブックです。誰でもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/kourokai/

会員限定のフェイスブックです。参加申請が必要です。
https://www.facebook.com/groups/kourokai/

編集人:糸川公偉(26)、佐野陽子(42)

台湾通信3

前回に続き台湾のおもてなしの実体験をご報告します。**********************少年探偵団  神原克收

3 台湾のおもてなし(その2)
 台湾の底なしの親切は前回のお伝えしたが、昨日の実例をご紹介してその実態をお伝えしたい。お
世話になっているY幼稚園長のPTA有志の方々が我々一行22名を農園経営者の自宅に集まって歓
迎してくれた。これらのメンバーはコロナ前は色んな行事に同行して交流を重ねていたがコロナ後は
子供や孫にコロナを移してはいけないと交流を自粛していた。その代わり一堂に集まって我々をサプ
ライズ歓迎してくれた。
 夫々のメンバーが料理、お菓子、果物、飲み物等を持ち寄り我々の到着を待ち受け農園主の自宅で
3年ぶりの再会を果たした。ハグ、握手、挨拶、お土産交歓後皆さんが持ち寄ってくれた食べ物で俄
か宴会となった。農園主が自作の果物「グァバ」から作った蒸留酒も振る舞ってくれ大いに話に花が
咲いた。
 その後お互いに新顔の紹介をし、日本側がマジックを披露、台湾側の健康ダンス指導者のリードで
日台混合のダンスなどで楽しいひと時を過ごした。仕上げは農場主の畑でグァバの収穫を体験し、各
自2個ずつ頂戴し家路についた。その際食べ残った果物やお菓子等々は全て頂戴し、更には全員にお
土産のハンカチまで頂き、我々が持参した僅かなお土産の数倍の品々を手にし、エビでタイどころか
エビでマグロを釣ったような再会であった。

数々のご馳走に舌鼓を打つロングステイクラブの面々

台湾通信2

台湾に来て2週間が過ぎました。
台湾で受けている様々な「おもてなし」は想像を超えるもので既往の日本のおもてなしとは異次元で何年来ていても未だに良く理解出来ない凄さです。********少年探偵団  神原克收

2 台湾のおもてなし文化
 台湾に来てから早くも2週間が過ぎました。あっと言う間の2週間でしたがその間台湾の方々か
ら想像を遙に超えるおもてなしを受けています。我々の受け入れ窓口になっている方々から3年ぶ
りの再会を祝して歓迎会を開いて頂いたり、色んな団体の行事に我々ロングステイクラブ( LSC)の
メンバーを温かく迎え入れて頂き楽しい交流を続けています。その行事で食事をご馳走になることも
ありますし、そこで知り合った方から招待を受けることも屡々です。それも個人数名の事もあります
がLSCのメンバー25人全員を招待して頂くことも一度ならず二度三度あり恐縮しながらも楽しく
交流を続けています。
 勿論その陰にはわれわれをサポートして下さる方の交流の広さ・深さがあることは間違いないこと
ですが、それにしても想像を遙に超えるおもてなしは日本の文化と異なる台湾独特のおもてなし文化
であると感じてます。それにしても何故我々老人団体をここまでおもてなしして下さるのか感謝しつ
つも何故だ、何故だと自問しながらの2週間です。

台湾通信1

台湾に来て早くも5日経ちます。
ニュージーランド通信も中途半端ですが、台湾での印象もお伝えしたいと思いますのでNZ・台湾通信を同時並行でお送りします。
8~9日1泊で阿里山に行ってきました。
途中台南科学園区に建設中の世界断トツの半導体メーカーTMSCの工場を外から眺めた。
TSMCはアリゾナ、熊本に新工場建設を決定していて更にドイツ、日本第2、高雄などにも新工場建設を計画し破竹の進軍を続けている。
台南に建設中の新工場も凄い規模で門外漢ながらその勢いを膚で感じさせてくれる。
一昔前まで世界半導体市場をリードしていた日本もあっと言う間に転落し、その厳しさと日本の将来に立ち塞がる暗雲を意識させられた。
※建設現場をバス車内から撮った写真を添付しますので興味のある方はご覧下さい。****************************************少年探偵団 神原克收

1 TSMC の快進撃
台湾に来て早くも5日経ちます。ニュージーランド通信も中途半端ですが、台湾での印象もお伝え
したいと思いますのでNZ・台湾通信を同時並行でお送りします。
8~ 9日1泊で阿里山に行ってきました。途中台南科学園区に建設中の世界断トツの半導体メーカー
TMSCの工場を外から眺めた。TSMCはアリゾナ、熊本に新工場建設を決定していて更にドイツ、
日本第2、高雄などにも新工場建設を計画し破竹の進軍を続けている。台南に建設中の新工場も凄い
規模で門外漢ながらその勢いを膚で感じさせてくれる。
一昔前まで世界半導体市場をリードしていた日本もあっと言う間に転落し、その厳しさと日本の将来
に立ち塞がる暗雲を意識させられた。
※ 建設現場をバス車内から撮った写真を添付しますので興味のある方はご覧下さい。

ニュージーランド通信10

昨晩台湾高雄に着きました。桃園空港から高雄まで新幹線で移動しましたが車内が大変混んでいて自由席は120%程度の混雑で当然席はありません。しかし乗ってすぐ3人の方から席を譲られ台湾の方の親切が身に沁みました。ニュージーランドの人達の温か味も忘れ難いですが台湾はその上を行く温かさでこれらと比べると日本の温か味は少々雑味が加わった感じです。もう暫くニュージーランド通信をお届けし、その後台湾の情報をお伝えします。                         ********************************少年探偵団   神原克收

10 羊の行き先
 前にも書いたがニュージーランドの人口は500万に対し羊は6,000万頭もいる。勿論羊毛が主目
的ではあるが、羊そのものの最後はどうなるのか気になる。地元スーパーではラム肉はほんの少しし
かなくマトンも少ない。私も初めて知ったのだがラムは生後6カ月以内の肉で大変高価なので大量に
出回ることはない。マトンはNZでは好まれなくて殆どが豚が食べられないイスラム教国に生きたま
ま送られるとのこと。

松下会館見学会のご案内

柑芦会
会員各位
経済学部の多くの卒業生が学生時代を過ごした思い出の松下会館がこのほど完成しました。
2月5日(日)に内覧会が開催されましたが、この改修工事の費用に対して多額の寄付を行った柑芦会に対してはこれとは別に下記「見学会」の機会を設けていただきました。
2日間のうちのどの時間帯に行っても自由に見学ができますので、独りでふらりと出かけてみたり、これと併せて同期会を開催するのも一案ではないでしょうか。
                                          2023年2月7日
                                          柑芦会会長 北村修一    

                                         (柑芦会本部 事務局)
********<大学よりの松下会館見学会案内状>********
                                        令和5年2月吉日
各 位
                                      国立大学法人和歌山大学
                                        基金室長 足立 基浩                       松下会館見学会のご案内

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、大学運営に格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
さて、本学が所有する松下会館につきましては、かねてよりリニューアルの準備を進めてまいりましたが、おかげさまをもってこのたび教育研究活動、生涯学習及び社会人の学び直し(リカレント教育)活動、起業家教育活動その他社会との連携・交流の場として、再活用の運びとなりました。
このたびのリニューアルに際しましては、皆様方には格別のご支援を賜りましたこと、改めて御礼申し上げます。
つきましては、次のとおり見学会を開催いたしますので、ご多用中恐縮ではございますが、ご来場賜りますようご案内申し上げます。
                                                 敬具
1 日 時 令和5年3月10日(金)、11日(土) 両日とも午後1時~3時まで開館
2 場 所 和歌山大学松下会館(和歌山市西高松1-7-20)
3 見学方法 自由観覧
4 その他
・新型コロナウイルス感染症予防のため、マスク等を着用の上ご来場をお願いします。
・密をさけるため、施設内への入室等の人数を制限する場合がありますので、ご理解お願いいたします。
                                                 以上

柑芦会大阪支部メールニュース 2023年2月号

柑芦会大阪支部メールニュース 2023年2月1日 発行

○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○

  1. 第33回柑芦経済講演会のご案内
  2. 幹事就任の件
  3. お知らせ
  4. 情報募集中

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. 第33回 柑芦経済講演会開催のご案内

2月5日(日)に大阪産業創造館にて経済講演会を開催いたします。
講師には大学25期の垣見祐二様をお迎え致します。
3年ぶりに皆様にお会いできることを楽しみにしております。
ご参加お待ちしております!

日時:2月5日(日)13:30から15:30(受付13:00)
場所:大阪産業創造館4Fイベントホール
大阪市中央区本町1-4-5
地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」徒歩約5分

講演者:和歌山大学経済学研究科客員教授 柑芦会東海支部長 垣見祐二様

演題:エネルギーの安全保障と企業経営

参加費:3,000円(当日徴収)

*お申込はメール・お電話・FAXでも受け付けております。
http://kourokai.com/osaka/33kouenkai.pdf

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. 幹事就任の件

現在幹事様になっていただいている方に、次期就任の往復はがきをお送り
しております。
ご返信よろしくお願い致します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. お知らせ
    〇山岳部の総会が開催されました。
    先日、大阪支部事務所にて山岳部の総会が開催されました。
    その後近くのレストランで懇親会をされました。

*会員の方で総会や同窓会などで事務所を利用したい方は大阪支部まで
メールをお願い致します。

〇ニュージーランド通信
10期神原克收さんのニュージーランド通信をブログに掲載しています。
下の通信1からお読みください。
http://kourokai.com/osaka/category/katudou/

〇大阪支部の情報を随時ブログでアップしています。
http://kourokai.com/osaka/

〇柑芦会HPです。
https://dousoukai.site/kourokai/

大学から

〇静岡大学×和歌山大学研究フォーラム
半島地域における交流・協働の拠点づくりを考える
日時:2月19日(日)14:00〜17:15(予定)
下田総合庁舎(対面会場)とオンラインのハイブリッド開催
https://www.wakayama-u.ac.jp/kii-plus/news/2023011300028/

〇レジリエントクラウド共同講座公開講義イベント
2月22日(水)14:00〜17:30(13:30開場)
場所:和歌山城ホール 小ホール
https://www.qualitysoft.com/event/openlecture/

〇KOKO塾 2022年度ジョイントフォーラム
日時:3月4日(土)13:00〜16:30(受付12:40〜)
場所:粉河高校視聴覚室ほか(オンライン参加もできます)
https://www.wakayama-u.ac.jp/kii-plus/news/2023011100024/

〇わだい浪切サロン
「今振り返る災害の記憶〜室戸台風が岸和田に残した爪痕とは?」
日時:3月15日(水)19:00〜20:30
南海浪切ホール、オンライン(Zoomウェビナー)
話題提供者:橋本唯子先生(和歌山大学クロスカル教育機構教養・協働教育部門 
准教授)
詳細は下記にて
https://www.wakayama-u.ac.jp/kii-plus/news/2023011700026/

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  1. 情報募集中

〇同好会、同期会、ゼミ、クラブをメールニュースで紹介、宣伝しませんか?
原稿は sanoyoko535@nifty.com 佐野まで。

○本部・大阪支部以外の情報はこちらでチェックください。
フェイスブックです。誰でもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/kourokai/

会員限定のフェイスブックです。参加申請が必要です。
https://www.facebook.com/groups/kourokai/

編集人:糸川公偉(26) 佐野陽子(42)